Home » アリバイ対策で身バレしない

アリバイ対策で身バレしない

デリヘルによっては、身内や知り合いにバレないよう、アリバイ対策会社を利用している場合があります。このアリバイ対策会社とは具体的にどういった役割を果たしているのでしょうか。

アリバイ会社とは、まるでその会社に勤めているかのように装うことができる対策を行った会社です。一般的な会社と同様に、名刺や電話番号、メールアドレスを用意してくれるため、仕事先について聞かれたとしても、その名刺を見せれば信じてもらえるのです。もちろん、こちらの会社は存在していませんが、電話番号は機能しています。仮に自分宛てに電話があったとしても、「現在、打ち合わせ中です」などの対応をしてくれるのです。もちろん、メールアドレスも機能していますので、メールを送信されても問題ありません。

外部HP>>>大阪の風俗求人サイト【汝々艶】
アリバイ対策のために一般企業名義を取得している大阪店風俗求人サイト【汝々艶】です。

さらに、アリバイ会社では給与明細の発行も行っています。一般企業で使用しているデザインの給与明細で、給与額も20万円などリアルな金額となっています。万が一家族に給与明細を見られてしまっても、これなら安心でしょう。ただし、給与明細は架空のものであり、収入の証明にはならないので注意してください。もちろん、アパートの賃貸契約の際などに使用することはできません。

自分でできる身バレ対策

アリバイ会社を利用しているデリヘルを選ぶことで、身バレのリスクを減らすことができます。しかし、それだけでは完璧な身バレ対策にはなりません。自分でも身バレ対策をすることをおすすめします。それでは、具体的にどういった方法があるのでしょうか。

デリヘルでは知り合いや親族がお客さんとして利用するケースがあります。これを避けるには、エリアを限定してもらいましょう。明らかに知り合いや親族が生活しているエリアですと、お客さんとしてバッティングする可能性があるので、そのエリアを避けてもらうようにお店にお願いをします。

さらに、より安全にデリヘルアルバイトをするのであれば、自宅から離れたエリアのデリヘルを選ぶという方法もあります。通勤や帰宅は少々困難になってしまいますが、離れたエリアであればバレるリスクは下がるでしょう。

そのほかに、備品の持ち帰りに注意してください。デリヘルはラブホテルでプレイをしますが、ラブホテルには名前の入ったライターが置かれています。こういったライターを持ち帰ってしまうと、そこからバレることもあるのです。そのほかに、デリヘルの名刺にも注意してください。名刺は持ち帰らず待機部屋に保管するようにしましょう。

Pocket

Name of author

Name: 運営者